赤が10回続いた後、次もまた赤が出る確率は?

赤が10回連続した後、次もまた赤が出る確率とマーチンゲール法の関係は?

今日はzakzak.com(夕刊フジ)の連載「カジノ情報局」で松井政就さんの
「ルーレットの基本」(4) 負けない賭け方 “強いモノに乗れ” (2014.12.11)という記事が
攻略法・必勝法とは何か?を考えさせてくれたので引用させて頂きます。

ルーレットで最も負けにくいのは「強い流れに賭ける方法」だというのです。さて、そのワケは・・。

以前訪れたシンガポールのカジノでぼく自身が出くわした実例だ。テーブルに着いて早々、あれよあれよという間に赤ばかりが12回(3~21)続いたのだ。

 この時、ぼくは途切れるまで赤に賭けたが、世の中には異なる考えの人もいる。赤ばかりが続くのはおかしいとして感覚的に黒に逆張りする人や、赤が何度も続くほど黒が出る可能性が高まるとして黒に大金を賭ける人がいるのだ。

 そこで再びルーレットクイズ。【赤が10回続いた後、次もまた赤が出る確率はどれくらい?】

 意外に聞こえるかもしれないが答えは「2分の1」。え? 2分の1の11乗だから2048分の1じゃないの? というのは典型的な勘違い。

 ルーレットはコイン投げと同じく毎回独立したゲームだから、前回までの結果は次のゲームには関係がない。赤黒ともに常に確率2分の1なのだ。

 ではなぜ片方ばかりが続くことがあるのか。

 確率が2分の1のゲームを何百万回、何千万回と繰り返せば、やがて結果は平均化し、最終的に2分の1に近づく。しかし1人の客が遊ぶのはたった数回のゲームだから、偶然による偏りが出やすいのだ。

トランプを使ったゲームなどは、一度使ったカードは使われないので、前回までの結果が次のゲームに関係して来ます。
ブラックジャックのカードカウンティングなんかは、その理屈で回を重ねる毎に自分の狙ったカードが出る確率が上がっていくわけです。

ルーレットをカードゲームに例えると、毎回、一度配ったカードを元に戻してシャッフルされているようなもの、といえますね。

心理的には、何度も赤が続くと、今度は黒になる確率が上がるように思えてしまいますが、毎回確率は同じということです。

(松井さんは確率1/2と言ってますが、アメリカンタイプなら0と00が加わった上で18/38の確率となる、なんてことは百も承知で簡略化して表現されていると思います)

じゃあ、強い流れに賭ける、というのは勝負師らしい考え方です。
冷静に考えると、どこまでも確率は同じなわけですから。

マーチンゲール法やグランマーチンゲール法は、負けたら倍賭けして更に負けたら、更に倍賭けしていくことで、いつかは勝つはずなので、その時に一気に取り戻せる、という理屈です。ただ、
前回の記事で芳沢教授が言われるように、「いつかは勝つはず」というのは数学的に証明できないわけなので、その「いつか」が10回目を超えたりすると、賭け金の上限に引っ掛かって、この方法は続けられなくなります。

負けが10回も連続することは、そうそう無いのは確かですが、
オンラインカジノでの体験ではありますが、私の場合はどちらかの色が連続して10回出た経験を何度かしています。
自分がプレイしたときにこんなことが起きない保障はないわけです。

この二つの話をまとめると、
①連続して赤が続いたからといって、黒が出る確率が高くなるわけではない。
②マーチンゲール法は、それを分かったうえで、いつかは勝つので、その時に一気に取り返すという理屈だけれど、
それが「いつか?」は理屈が無い、運次第ですよ。

というわけです。
つまり、あとは「運命の女神」を味方に付けられるかどうかということになるわけです。

そう考えると、松井さんの「強いモノに乗れ」というのは、
必勝法・攻略法としてなかなか説得力がありますね。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

「カジノの必勝理論」マーチンゲール法は数学的に正しいのか? 芳沢光雄教授 

マーチンゲール法は数学的に必勝法と言えるのでしょうか?

桜美林大学 芳沢光雄教授が日経新聞(2014年9月30日)に寄稿していました。

本サイトでもルーレット攻略法のひとつとして
マーチンゲール法についてご説明していますが、数学の教授が数学的に見て
必勝法と言えるか検証してくれています。

■コイン表裏ゲームに“必勝法”

「マーチンゲール法」と呼ぶ“必勝理論”が知られている。
最初は1万円を賭ける。それに負けたら2万円を賭ける。また負けたら次は4万円を賭ける。
そのように負けたときは次に倍の金額を賭けることにする。

こうすれば、いつかは勝って、勝ったときにはトータル1万円の利益になるというものである。

マーチンゲール法は数学的に証明された必勝理論に思えるかもしれない。
実際「この賭け方は絶対にもうかる方法」と思う人たちが意外と少なくないようだ。
広い世界を見渡すと、この賭け方を禁止している賭場がいくつもあるという。

■「いつかは勝って」に問題点

 しかし、本当に数学的に正しいのか。以下、この方法について冷静に考えてみよう。

 この方法の問題点は、「いつかは勝って」の部分にある。これを数学的に表現すると、
「n回目までに必ず勝つという自然数(正の整数)nはあるのか」という問いになる。
すぐに分かるように、nをいくら大きい自然数としても、そのような自然数はない。
これが証明されないと、数学的に正しい理論といえないのである。

■14回目まで続くと賭け金は累計1億6000万円超に

 実際、ギャンブル資金として1億6000万円持っているお金持ちがいたとする。
ここで等比数列の和(n=14)

 1+2+4+8+16+32+64+128+256+512+1024+2048+4096+8192

を計算すると、その合計は1億6383になる。

 これは次のことを意味する。
そのお金持ちの方がマーチンゲール法で最初に1万円を賭けることから始めるとき、
もし連続して13回負けると(13回目は4096万円の賭け)、用意した資金の多くを使ってしまい、
次の14回目の賭け金(8192万円)が不足することになるのだ。

マーチンゲール法は数学的な雰囲気をまとっているが、数学理論とはかけ離れた存在といえる。

 理論通りにいかないのが人間の世界。
そもそもギャンブル依存症が諸外国の1%前後より日本は相当高く、5%前後ではないかという指摘もある。
この状況を鑑みると、仮に日本にカジノを作るにしても、海外からの旅行客や国内のお金持ちに限定した遊技にした方が無難だ。
参加する方もくれぐれも世の中に流布する様々な“必勝法”にまどわされず、節度をわきまえた賭けに徹するべきだろう。

「負けたら倍掛け」を繰り返すと、負けが連続した場合にとんでもない金額を賭けないといけないことになり、
現実的な必勝法とは言えない、というのが芳沢教授の結論です。

カジノやオンラインカジノ毎に賭けることが出来る上限額が定められていて、
実は天文学的な数字になる前にベット上限の制約が訪れて、
マーチンゲール法を続けることが出来なくなります。

マーチンゲール法は、芳沢教授の言われる通り、100%の必勝法でないのは確かです。

ただ、8回以上も連続して負ける確率が低いことも確かなので、
その範囲であれば勝つ可能性が高い方法と言えます。

確率の問題なので、絶対的な必勝法は無いということは肝に銘じておくべき
というわけですね。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

カジノ ルーレットの攻略法・必勝法の種類と賭け方 初心者の方へ

カジノ ルーレットの伝統的攻略法・必勝法の種類と賭け方について初心者の方にご説明します


マツコさんの番組で有名になった桐谷さんが、初めてのラスベガスで、
いきなり38万円を稼いでしまったので、これも攻略法に入れて、後程ご説明します。

1.カジノ ルーレットのルール

カジノのルーレットゲームのルール、賭け方は難しく考える必要はありません。
確率が低いと配当が高い、確率が高いと配当が低い というだけです。

ルーレットのホイールに刻まれている数字は全部で1~36までの36スポット、それに加えて
・ヨーロピアンタイプだと0が1箇所加わって、37スポット
・アメリカンタイプだと0のほかに00のスポットが2箇所加わって、38スポット
がボールが落ちてくるのを待ち構えています。
ルーレットインサイド

※ワイルドジャングルカジノ、ドリームカジノでプレイ出来るジャックポット(大当たり)が出る「マーベルルーレット」は、アメリカンタイプの00のスポットが「マーベルボーナス」になってます。
そこに賭けてあるときにボールが落ちると、突然スロットが始まってボーナスが貰えるっていう賑やかなルーレットです。

1つの数字に賭ける場合、その数字にボールが落ちる確率は37分の1か、38分の1なわけです。
結構、確率が低いですよね。でも、確率が低い分、配当が高くて35 to 1 となっているんです。
※配当:35 to 1 とは? この条件のときに、1ドルを賭けて当たったとします。
貰えるチップは、賭けた1ドルとその35倍の35ドル、合わせて36ドルが手に入ります。
配当倍率

これが、どの数字かに関係なく、赤か黒か、奇数か偶数か、という賭け方だと、
当たる確率は、ほぼ5割近い代わりに、配当は2倍となります。
・ヨーロピアンタイプだと赤18、黒18スポットに0が加わって、37スポット
赤に賭けたとして、赤が出る確率は37分の18・・・・48.7%
・アメリカンタイプだと赤18、黒18スポットに0と00のスポットが加わって、38スポット
赤に賭けたとして、赤が出る確率は38分の18・・・・47.4%
※配当:1 to 1 なので、1ドル賭けると2ドル、5ドルを賭けると10ドルが貰えるわけです。
ルーレット赤黒賭け

赤や黒が出る確率が50%より少なくなっているのは、まさにこの差分がハウス側の取り分
になっているわけです。

賭け方と配当を表にまとめました。
ルーレット賭け方と配当
上の表の左のアルファベットが下の図の賭ける位置に書き込んであります。
ルーレット賭け方図

ルーレットのゲームルールについて、詳しくは関連サイトの
安心オンラインカジノ総合案内
の記事をご覧ください。

 

 

2.カジノ ルーレットの伝統的攻略法・必勝法

カジノのルーレットで勝つ方法、勝ち方をご紹介します。

(1)堅実コツコツ型

ルーレット攻略法 伝統的な必勝法 まとめの記事をご覧下さい。

どれも、赤か黒、奇数か偶数のどちらかに賭け続ける単純な方法です。

マーチンゲール法
マーチンゲール法
連続負けが10回以上続かなければ、数ドルずつ堅実に稼げる。元手が必要。
負けたら倍を賭け続け、勝つまで続ける。
10回連続して負けると次の賭け金が1024ドルも必要になる。
そのときの元手が、2047ドルも必要。11回目で勝っても1ドルのプラス。

グラン マーチンゲール法
グランマーチンゲール法
連続負けが9回以上続かなければ、十数ドルずつ堅実に稼げる。元手が必要。
負けたら倍+1ドルを賭け続け、勝つまで続ける。
9回連続して負けると次の賭け金が1023ドルも必要になる。
そのときの元手が、2037ドル必要。10回目で勝ったら10ドルのプラス。

ピラミッドシステム   :
ルーレットピラミッドシステム

元手が100ドルくらいからでも始められる。数ドルの勝ちでコツコツ稼ぐのに向く。
勝ったら前回賭け金から1ドル減らす、負けたら前回賭け金に1ドル足す。
仮に10回続けて負けても、賭け金は11ドルになる程度なので、元手が僅かで済む。
その代わり、取り返すときも一発逆転でなく、数回続けて勝たないといけない。

逆マーチンゲール法   :
ルーレット逆マーチンゲール法
元手が少ない場合に良いが、連続して10回負けると元手が1024ドル必要。
賭け金と配当を合わせて次回の賭け金とする。
負けた回数分のドルが減るけれど、「目標とする連勝回数、又は金額に達したら止める」
を徹底すれば、僅かな元手で大きく増やすことが出来る。

このほかに、堅実型としては↓があります。

2コラム・2ダズンベット
ダズンベット説明図
元手が100ドル、200ドルでも堅実に稼げる。大負けも大勝ちもしない。
<攻略法・必勝法のまとめ>
ルーレット攻略法・必勝法一覧

元手が少なくても結構堅実に稼げる、と実感するのは最後の2コラム・2ダズンベットとピラミッドシステムです。
ただ、私が好きなのは、元手さえあればほぼ確実に稼げるグランマーチンゲール法です。

といっても、2コラム・2ダズンベットの場合は、プレイヤー側の運が悪いときも当然あります。
勝つときも、負けるときも、どこまで行ったらやめる、というのを決めておくのがコツです。

グランマーチンゲール法は、9回も連続して負けるということは、なかなか起きないのですが
それが起きるときがあるので、絶対勝てるとは言えないんです。
これも、9連続はさすがに何回も続かないので、メゲずに続けるというのがキモだと思います。

(2)一攫千金型

フラワー
ルーレット フラワーベット
当たると144倍の高配当が期待できるが、これが出るまでに損が増大する可能性も

3.ルーレットの伝統的攻略法・必勝法とは違いますが

(1)一攫千金 株主優待券生活の桐谷さんの方法

マツコさんの番組で一躍有名になった株主優待券生活の桐谷さんが、
はじめてのラスベガスのルーレットで
5万円を20分で38万円に増やしていました。

私がどんな賭け方をしたか「推定」してみました。
「1~3回目まで勝って、4回目で負けた。5回目で勝ったので、これが潮時と考えてやめた」
ということで、勝率があまりに高いので、赤か黒かといった高確率のベットで、赤に賭け続けた
と推定しました。
桐谷さんの勝ち方推定
1回目は軍資金500ドルのうち、100ドルを残して400ドルを賭けた、と推定。ここで勝った。
2回目は増えた軍資金900ドルのうち、やはり100ドルを残して800ドル賭けた。ここでも勝った。
3回目も増えた軍資金1700ドルのうち、やはり100ドルを残して1600ドル賭けた。また勝った!!
4回目は、さすがに、そんなに幸運は続かないぞと、控えめに1200ドルを賭けた。負けた。
5回目は、残った軍資金2100ドルのうち1700ドルを賭けたら、また勝った。残金が3800ドルになった!!

さすがに勝率が出来過ぎているので、これ以上続けると負けると思ってここでやめた。

もう、これは天才じゃないとできない芸当ですが、こんな応用編も出来るようになると
更にルーレットが楽しくなるのではないでしょうか。

詳しくは↓こちらの記事をご参照下さい。
桐谷さんの賭け方

攻略法によって適するオンラインカジノが違ってきます

1. 32レッドカジノをイチオシにしている理由

どの攻略法でプレイするかによって、どのオンラインカジノを選ぶのが良いか
については、ルーレットの賭け方から選ぶオンラインカジノへどうぞ。
32レッドカジノ関連記事
32レッドカジノ登録法

2. 登録なしですぐにでも無料プレイをしてみたい方には

本サイトでご紹介しているオンラインカジノは全て無料モードでもプレイ出来ます。
それでも、とにかく一番簡単に登録なしでゲームをしてみたいという方は、
登録なしでも無料プレイが出来るオンラインカジをご覧ください。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 伝統的な必勝法 まとめ

ルーレット攻略法について、これまで伝統的な必勝法と言われるものを一通り試して来ましたので、一旦これらをのまとめをしてみたいと思います。

<前提>
・赤か黒かの勝率約5割の賭けで活用する
・仮に1ドルを最少単位として賭ける

1.マーチンゲール法

負けたら倍を賭け続け、勝つまで続ける。
マーチンゲール法

9回連続して負けた場合、10回目に512ドルを賭けないと元が取れません。
勝っても、1ドルしか増えないのが難点です。

ワイルドジャングルカジノ、ベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットは赤・黒ベットの場合、賭けられる上限が500ドルのため、注意が必要です。

32レッドカジノのヨーロピアンルーレットは、2000ユーロが最大ベットです。32レッドなら10回連続で負けても大丈夫です。

 

2.グラン マーチンゲール法

負けたら、倍+1ドルを賭け、勝つまで続ける。
グランマーチンゲール法

8回連続して負けた場合、9回目に511ドルを賭けないと元が取れません。
最後に勝てば、プレイ回数分のドルが増えます。

ベットの上限は、各オンラインカジノによって異なるのは、先ほどのご説明の通りです。

3.ピラミッドシステム

勝ったら前回賭け金から1ドル減らす、 負けたら前回賭け金に1ドル足す。
ルーレットピラミッドシステム

仮に10回続けて負けても、賭け金は11ドルになる程度なので、元手が僅かで済みます。
その代わり、取り返すときも一発逆転でなく、数回続けて勝たないといけません。

4.逆マーチンゲール法

賭け金と配当を合わせて次回の賭け金とする。
ルーレット逆マーチンゲール法

負けた回数分の1ドルが減るけれど、「目標とする連勝回数、又は金額に達したら止める」を徹底すれば、僅かな元手で大きく増やすことが出来ます。

その代わり、目標の連勝回数だけ連勝し続けないとプラスに転じないので、プレイ回数が非常に多くなります。

この方法も、9連敗すると次に512ドルを賭けねばなりませんが、オンラインカジノによってはマックスベットを超えてしまうので注意が必要です。

★ピラミッドシステム以外は、マックスベットを確認しておくことが必要です。
★マーチンゲール法、グランマーチンゲール法は自己資金が潤沢にあることが必要です。

 

 

↓こちらのサイトから入って頂くと、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」から便利なマニュアルや、オンカジ独自のボーナスが貰えたりしますので、是非こちらから登録されることをお勧めします。
32レッドカジノ
ベラジョンカジノ

 

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 マーチンゲール法で勝てた 2

今日はヨーロピアンタイプでマーチンゲール法を試す、の2回目です。

前回と同じく、
賭けの基本を1ドルと置いて、負けたら賭け金を倍にする、勝ったら賭け金を1ドルに戻す、というのを繰り返しました。

張った場所は、「最初の12」です。元手、1,501ドルからのスタートです。

最初の20回までは、余り大きな負けもなかったので、最大でも8ドルのベットで済んでいましたが、12ドルを増やすことに成功しています。

でも、もう少し上乗せしたいと思って26回目までやってみました。

すると、24回目まで勝てなかったので、負けたら倍を繰り返して32ドルのベットまで行きましたが、25回目に勝って一気に残額を戻しましたが、26回目で負けたところで終了したので4ドルの負けになりました。

ヨーロピアンルーレット1227

このまま、マーチンゲール法を続ければ勝てるのではないか、と思います。実際、以下のように元の金額まで戻すことは出来ました。
ヨーロッピアンルーレット1227

今回の場合、20回目(勝ち)が引き際としては良くて、負けた26回目でやめてしまうと結局負けになる、というのが良く分かりました。

ワイルドジャングルカジノの登録はこちらのオンラインカジノ総合情報サイト「オンカジ」から行うと、マニュアルやボーナス等の特典が付くのでオススメです。

 

ルーレット攻略法 マーチンゲール法で勝てた!

早速、マーチンゲール法でどういう結果になるか試してみました。

ルーレットの数字は12個の数字が3ブロックあって、それにヨーロピアンタイプだと0が加わり、

37分の1の確率を競うわけですが、アメリカンタイプだと、0の他に00があって、僅かですがプレイヤーに不利なので、今日はヨーロピアンタイプでプレイしました。

賭けの基本を1ドルと置いて、負けたら賭け金を倍にする、勝ったら賭け金を1ドルに戻す、というのを繰り返しました。

張った場所は、「最初の12」です。元手、1,378ドルからのスタートです。

ヨーロッピアンルーレット1226a

最初の6回までは、負けが連続してちょっと焦りました。でも、マーチンゲール法は、これにめげず、倍、倍と賭けて行きます。7回目で勝てて189ドルを獲得。一気に増収に転じました。

ヨーロピアンルーレット1226

以後は、勝ちの比率が高く、20回を終えたら85ドルの増収です!

10分もかからないプレイでお9千円に近い増収だなんて。

とにかく、負けが続いてもメゲないことです!

 

ルーレット履歴

 

 

 

 

 

ルーレット攻略法 伝統的な必勝法 マーチンゲール法

ルーレットに限ったものではないのですが、ギャンブルの必勝法として昔から有名なのが、マーチンゲール法です。

初めに1ドルを賭けて、勝ったら次も1ドルを賭ける。負けたら倍の2ドルを賭ける。それも負けたら倍の4ドルを賭ける。更に負けたら8ドルを賭ける、という風に負けたら倍額を賭け続け、勝つまで続ける方法です。

このやり方は、勝つか負けるかのどちらかになるのだから、勝った時にそれまでの負けを全て回収する、という方法です。

以下の表をご覧頂くと分かるんですが、これを続けることが出来ても、どの時点で勝っても、勝ち負けの累計でを取ると、勝っても1ドルの利益にしかならないんです。

マーチンゲール法
 

ルーレットなどは、10回続けて一方に片寄ることはよくあることなので、それまでの間にたった1ドルのために膨大なお金をつぎ込むことになります。まして、賭けの最高額が実際のカジノでも定められていて(リアルなカジノだと500ドルが標準的)、この前の段階で負けが込んでいると、取戻しが出来ないことになります。

次回は、実際にマーチンゲール法でやった結果をお知らせしますね。