ルーレット攻略法 ピラミッドシステム(ダランベール流)

ルーレット攻略法については、これまで赤か黒かといった確率5割近い賭けに対して、

・マーチンゲール法
・グランマーチンゲール法
・逆マーチンゲール法

を見て来ましたが、最後にご紹介するのが、これです。

・ピラミッドシステム(ダランベール流)
クリックして戴くと拡大します。
ルーレットピラミッドシステム

この方法は、1ドルを1単位としたとしますと、

負けた時は、前の賭け金に1ドル増やします。
勝った時は、前の賭け金から1ドル減らします。

もし、10回続けて負けると賭け金が11ドルになる程度で、大きな資金が要りません。
その代わり、勝って取り返す時も、一発逆転は望めないので、数回連続して勝つ必要があります。

上の表の例ですと、12回目で4ドル賭けたのが負けて6ドルが累計で損になったところで、
賭け金を5ドルに増やしたら勝った、
次は1ドル減らして4ドル賭けてまた勝った、だから
今度は更に1ドル減らして3ドル賭けたら勝った。

最後に連続して3回勝ったところで、収支がプラス6ドルになりました。

とにかく、この方法ですと資金が少なくてもプレイが出来る、というのが利点です。
グランマーチンゲール法のように一発逆転じゃなくて、じわじわ取り返すやり方なので、
「お金が無いけど粘り強い人」に向いています。

この方法でプレイした後、伝統的手法のまとめ、ルールの整理、その次はいよいよルーレットらしい賭け場所のバリエーションに入って行こうと思っています。(ホントにルーレットを知的に楽しむのは、この賭け方のバリエーションのところなので、もうしばらくお付き合い下さいね)

おすすめのオンラインカジノです。
32レッドカジノ
ワイルドジャングルカジノ
ベラジョンカジノ

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 逆マーチンゲール法

ルーレットの教科書に載っている攻略法で、次にご紹介したいのが、逆マーチンゲール法です。

逆マーチンゲール法

マーチンゲール法もグランマーチンゲール法も、負けた時に取り返すという考え方です。

これに対して、逆マーチンゲール法というのは、運を頼んで少額の資金を大きく膨らませる、という考え方です。

1ドルを賭けて、勝って配当が2ドル付いたら、配当と最初の賭け金1ドルの合計2ドルを次に賭けます。
負けたら1ドルからやり直します。

ルーレット逆マーチンゲール法

もし10連勝すれば、1ドルが1,024ドルにもなる、という理屈です。
逆に10連敗すると1回1ドルからのスタートなので10ドルの負けになります。

同じ色がどれだけ連続するか、というのは本当にその時の運になります。
1913年8月にモンテカルロのカジノで起きた27回連続で黒が出たと言う歴史に
残る事例がありますが、

このとき1ドルから逆マーチンゲール法で賭け始めていたら27回目には
6,710万ドル(7億円)にまで利益が膨らんでいたことになります。

但し、テーブルリミット(賭けられる上限)が定められているので、
実際にここまで賭けることは出来ませんが。

一言で言うと、この攻略法は「やめどき」が肝心です。
ベットをどんどん膨らませて行って、勝てば大きく利益が膨らみますが、
負けた瞬間にこれまでの儲けがすっ飛びます。

実際にこの方法で、どういう結果になるかはプレイ日記の方をご覧ください。

ワイルドジャングルカジノの登録は、オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」から行うと、マニュアル等が貰えるのと、オンカジ独自の特典があってお得です。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

 

 

ルーレット攻略法 グランマーチンゲール法 ベラジョン 

グランマーチンゲール法については、過去4回のワイルドジャングルカジノでのプレイ実績から、
攻略法に関する記事で検討した必要資金を満たせば、
ほぼ必ず勝てると結論付けて良いと思います。

「ほぼ」と書いたのは、負けが連続する回数が最大10回と想定して資金を用意した場合、万が一
負けが11回連続すると資金が足りなくなってグランマーチンゲール法を続けられないからです。

今日は、ベラジョンカジノでプレイしてみました。どこのカジノでやっても同様の結果になるか
を見たかったんです。
ルーレット0111-1

グランマーチンゲール法ですので、負けた時は倍額に1ドルを足して賭けて行きます。
クリックして戴けると拡大します。
ルーレット結果0111

0が出た場合も負けと見て、倍額+1ドルで賭けて行きました。
30回のプレイで見事に理論通りに30ドルの儲けです。

だた、この儲けを確実にするには、最低10回連続して負けても耐えられる資金として2036ドルが
必要です。
再度、必要資金の表を載せます。クリックして戴けると拡大します。
ルーレットグランマーチンゲール必要資金

ベラジョンカジノはスマホからでもプレイ出来るので、移動時間を利用しながらプレイしたい方
にはお勧めです。
オンラインカジノの総合情報サイト「オンカジ」から登録を行うと、マニュアル等が貰えるのと、
オンカジ独自の特典があってお得です。
ベラジョンカジノ登録はこちら

<オンカジの特典>
ベラジョンカジノに無料会員登録をするだけで$15が貰えるというキャンペーンを行っています。
登録が完了したら、ベラジョンカスタマーサポートにメールにて$15ボーナスの申請するだけです。

サポートからの返信後、ボーナスが反映されて入金不要で有料版で遊べます。これ、かなり楽ちんです。
有料ゲームが出来るようになると、ライブゲームの美人ディーラーの姿を見ることが出来ますヨ。

ベラジョンカジノ 無料会員登録 公式ホームページ

また、ベラジョンカジノの登録から入出金に関して、非常に丁寧に説明してくれているブログ
ベラジョンカジノがあって、参考にされると良いと思います。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 グランマーチンゲール法 必要資金

グランマーチンゲール法を試した4回目(昨日)で、赤が連続して9回出た経験から、賭ける金額によって必要資金が幾らになるかを計算してみました。昨日は赤に賭けていたので、これで残金を増やすことが出来たんですが、これが逆だった場合のことを心配したわけです。

クリックすると拡大して見て頂けます。
ルーレットグランマーチンゲール必要資金

10回連続して負けた時、賭け金によって必要資金が以下のようになります。
1ドル:2,036ドル(約20万円)
2ドル:3,059ドル(約30万円)
3ドル:4,082ドル(約40万円)
4ドル:5,105ドル(約52万円)
5ドル:6,128ドル(約63万円)

資金(元手)が1500ドル(15万円くらい)とした場合、何回まで連続で負けられるかというと
1ドル賭けだと、9回連続負けまでOK
2ドル賭けだと、8回連続負けまでOK
3ドル賭けだと、8回連続負けまでOK
4ドル賭けだと、8回連続負けまでOK
5ドル賭けだと、7回連続負けまでOK
となります。

1ドル賭けでも、1500ドルの元手なら、9回連続負けまでしか耐えられないわけです。
逆に、まず8回連続負けまでしかないだろう、とヤマを張るなら、4ドル賭けまでやれることになります。

実際に私は9回連続を経験しているので、後者の張り方をするときはかなりドキドキになりますが。

いずれにしても、途中から5ドル賭けをやり始めたのは、なかなか無謀だったわけです。
でも、運良く勝ってしまいましたが。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 グランマーチンゲール法 1

これまで、ルーレット攻略法として、マーチンゲール法での実践をご紹介して来ましたが、着実に稼げることは分かって来ました。しかし、勝ちの金額が小さいのが難点です。

そこで、マーチンゲール法を更に積極的にしたグランマーチンゲール法を試してみました。

マーチンゲール法だと、負けた場合に次は倍額を賭けるわけですが、グランマーチンゲール法ですと、倍額に1ドルを足して賭けて行きます。

何回目で勝っても、ゲームの回数分の利益になるはずというのが、この方法です。
グランマーチンゲール法

ワイルドジャングルカジノでプレイしました。
確率が50%のものに対して賭けるので、赤に1ドル賭けることでスタートしました。
ルーレット0104-1

20回プレイした結果です。
グランマーチンゲール0104

2回目から7回目まで黒が出続けて、賭け金がとうとう125ドルに達しましたが、ここで勝って
これまでのマイナスを一挙に解消しました。

結果は16ドルのプラスでした。
まずまずの結果ではないかと思います。

だた、10回以上連続して黒が出続けると倍賭け+1ドルがかなり大きな金額になって、最大ベット金額を超えてしまう場合もあるので、この点はホントに”賭け”になりますね。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 グランマーチンゲール法

これまで、ルーレット攻略法として、マーチンゲール法での実践をご紹介して来ましたが、着実に稼げることは分かって来ました。しかし、勝ちの金額が小さいのが難点です。

そこで、マーチンゲール法を更に積極的にしたのが、グランマーチンゲール法です。
マーチンゲール法だと、負けた場合に次は倍額を賭けるわけですが、グランマーチンゲール法ですと、倍額に1ドルを足して賭けて行きます。

何回目で勝っても、ゲームの回数分の利益になるはずというのが、この方法です。
グランマーチンゲール法

次回は、このグランマーチンゲール法を試してみます。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 マーチンゲール法で勝てた 2

今日はヨーロピアンタイプでマーチンゲール法を試す、の2回目です。

前回と同じく、
賭けの基本を1ドルと置いて、負けたら賭け金を倍にする、勝ったら賭け金を1ドルに戻す、というのを繰り返しました。

張った場所は、「最初の12」です。元手、1,501ドルからのスタートです。

最初の20回までは、余り大きな負けもなかったので、最大でも8ドルのベットで済んでいましたが、12ドルを増やすことに成功しています。

でも、もう少し上乗せしたいと思って26回目までやってみました。

すると、24回目まで勝てなかったので、負けたら倍を繰り返して32ドルのベットまで行きましたが、25回目に勝って一気に残額を戻しましたが、26回目で負けたところで終了したので4ドルの負けになりました。

ヨーロピアンルーレット1227

このまま、マーチンゲール法を続ければ勝てるのではないか、と思います。実際、以下のように元の金額まで戻すことは出来ました。
ヨーロッピアンルーレット1227

今回の場合、20回目(勝ち)が引き際としては良くて、負けた26回目でやめてしまうと結局負けになる、というのが良く分かりました。

ワイルドジャングルカジノの登録はこちらのオンラインカジノ総合情報サイト「オンカジ」から行うと、マニュアルやボーナス等の特典が付くのでオススメです。

 

ルーレット攻略法 マーチンゲール法で勝てた!

早速、マーチンゲール法でどういう結果になるか試してみました。

ルーレットの数字は12個の数字が3ブロックあって、それにヨーロピアンタイプだと0が加わり、

37分の1の確率を競うわけですが、アメリカンタイプだと、0の他に00があって、僅かですがプレイヤーに不利なので、今日はヨーロピアンタイプでプレイしました。

賭けの基本を1ドルと置いて、負けたら賭け金を倍にする、勝ったら賭け金を1ドルに戻す、というのを繰り返しました。

張った場所は、「最初の12」です。元手、1,378ドルからのスタートです。

ヨーロッピアンルーレット1226a

最初の6回までは、負けが連続してちょっと焦りました。でも、マーチンゲール法は、これにめげず、倍、倍と賭けて行きます。7回目で勝てて189ドルを獲得。一気に増収に転じました。

ヨーロピアンルーレット1226

以後は、勝ちの比率が高く、20回を終えたら85ドルの増収です!

10分もかからないプレイでお9千円に近い増収だなんて。

とにかく、負けが続いてもメゲないことです!

 

ルーレット履歴

 

 

 

 

 

ルーレット攻略法 伝統的な必勝法 マーチンゲール法

ルーレットに限ったものではないのですが、ギャンブルの必勝法として昔から有名なのが、マーチンゲール法です。

初めに1ドルを賭けて、勝ったら次も1ドルを賭ける。負けたら倍の2ドルを賭ける。それも負けたら倍の4ドルを賭ける。更に負けたら8ドルを賭ける、という風に負けたら倍額を賭け続け、勝つまで続ける方法です。

このやり方は、勝つか負けるかのどちらかになるのだから、勝った時にそれまでの負けを全て回収する、という方法です。

以下の表をご覧頂くと分かるんですが、これを続けることが出来ても、どの時点で勝っても、勝ち負けの累計でを取ると、勝っても1ドルの利益にしかならないんです。

マーチンゲール法
 

ルーレットなどは、10回続けて一方に片寄ることはよくあることなので、それまでの間にたった1ドルのために膨大なお金をつぎ込むことになります。まして、賭けの最高額が実際のカジノでも定められていて(リアルなカジノだと500ドルが標準的)、この前の段階で負けが込んでいると、取戻しが出来ないことになります。

次回は、実際にマーチンゲール法でやった結果をお知らせしますね。