ルーレット攻略法 グランマーチンゲール法

これまで、ルーレット攻略法として、マーチンゲール法での実践をご紹介して来ましたが、着実に稼げることは分かって来ました。しかし、勝ちの金額が小さいのが難点です。

そこで、マーチンゲール法を更に積極的にしたのが、グランマーチンゲール法です。
マーチンゲール法だと、負けた場合に次は倍額を賭けるわけですが、グランマーチンゲール法ですと、倍額に1ドルを足して賭けて行きます。

何回目で勝っても、ゲームの回数分の利益になるはずというのが、この方法です。
グランマーチンゲール法

次回は、このグランマーチンゲール法を試してみます。

ここまで読んで頂いて、お役に立てるところがありましたら、クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

ルーレット攻略法 マーチンゲール法で勝てた 2

今日はヨーロピアンタイプでマーチンゲール法を試す、の2回目です。

前回と同じく、
賭けの基本を1ドルと置いて、負けたら賭け金を倍にする、勝ったら賭け金を1ドルに戻す、というのを繰り返しました。

張った場所は、「最初の12」です。元手、1,501ドルからのスタートです。

最初の20回までは、余り大きな負けもなかったので、最大でも8ドルのベットで済んでいましたが、12ドルを増やすことに成功しています。

でも、もう少し上乗せしたいと思って26回目までやってみました。

すると、24回目まで勝てなかったので、負けたら倍を繰り返して32ドルのベットまで行きましたが、25回目に勝って一気に残額を戻しましたが、26回目で負けたところで終了したので4ドルの負けになりました。

ヨーロピアンルーレット1227

このまま、マーチンゲール法を続ければ勝てるのではないか、と思います。実際、以下のように元の金額まで戻すことは出来ました。
ヨーロッピアンルーレット1227

今回の場合、20回目(勝ち)が引き際としては良くて、負けた26回目でやめてしまうと結局負けになる、というのが良く分かりました。

ワイルドジャングルカジノの登録はこちらのオンラインカジノ総合情報サイト「オンカジ」から行うと、マニュアルやボーナス等の特典が付くのでオススメです。

 

ルーレット攻略法 マーチンゲール法で勝てた!

早速、マーチンゲール法でどういう結果になるか試してみました。

ルーレットの数字は12個の数字が3ブロックあって、それにヨーロピアンタイプだと0が加わり、

37分の1の確率を競うわけですが、アメリカンタイプだと、0の他に00があって、僅かですがプレイヤーに不利なので、今日はヨーロピアンタイプでプレイしました。

賭けの基本を1ドルと置いて、負けたら賭け金を倍にする、勝ったら賭け金を1ドルに戻す、というのを繰り返しました。

張った場所は、「最初の12」です。元手、1,378ドルからのスタートです。

ヨーロッピアンルーレット1226a

最初の6回までは、負けが連続してちょっと焦りました。でも、マーチンゲール法は、これにめげず、倍、倍と賭けて行きます。7回目で勝てて189ドルを獲得。一気に増収に転じました。

ヨーロピアンルーレット1226

以後は、勝ちの比率が高く、20回を終えたら85ドルの増収です!

10分もかからないプレイでお9千円に近い増収だなんて。

とにかく、負けが続いてもメゲないことです!

 

ルーレット履歴

 

 

 

 

 

ルーレット攻略法 伝統的な必勝法 マーチンゲール法

ルーレットに限ったものではないのですが、ギャンブルの必勝法として昔から有名なのが、マーチンゲール法です。

初めに1ドルを賭けて、勝ったら次も1ドルを賭ける。負けたら倍の2ドルを賭ける。それも負けたら倍の4ドルを賭ける。更に負けたら8ドルを賭ける、という風に負けたら倍額を賭け続け、勝つまで続ける方法です。

このやり方は、勝つか負けるかのどちらかになるのだから、勝った時にそれまでの負けを全て回収する、という方法です。

以下の表をご覧頂くと分かるんですが、これを続けることが出来ても、どの時点で勝っても、勝ち負けの累計でを取ると、勝っても1ドルの利益にしかならないんです。

マーチンゲール法
 

ルーレットなどは、10回続けて一方に片寄ることはよくあることなので、それまでの間にたった1ドルのために膨大なお金をつぎ込むことになります。まして、賭けの最高額が実際のカジノでも定められていて(リアルなカジノだと500ドルが標準的)、この前の段階で負けが込んでいると、取戻しが出来ないことになります。

次回は、実際にマーチンゲール法でやった結果をお知らせしますね。